プレスリリース

2019.12.13

福島県・相馬沖産の鮮魚が、タイ・バンコクへ震災後初の輸出・販売<東北グローバルチャレンジプロジェクト>

福島県・相馬沖産の鮮魚が、震災後初めてタイに輸出され、2019年11月21日から12月4日までタイ・バンコクの高級デパート「サイアム・パラゴン」にて開催された日本食材の催事イベント「ジャパン・プレミアム・フード・フェア」にて販売されました。
この取り組みは、東北の食を世界に発信し輸出する「東北グローバルチャレンジ」プロジェクトの一環として行われたもので、福島と三陸の魚・水産品の美味しさを、東北の水産業者が直接タイの消費者に伝えました。

詳細はこちらをご覧ください。