Goldman Sachs Gives 中小企業経営革新プログラム

Frequently Asked Questions
よくある質問

企業の方向け

Q1.インターンシップコーディネート機関を通さずに実施することは可能ですか。

本プログラムは、必ずインターンシップコーディネート機関との実施契約を締結していただいております。
ご参画をご検討中でインターンシップコーディネート機関とご契約頂いていない場合は、事務局までお問い合わせくださいませ。

→お問い合わせへ

Q2.プログラムを使わず、インターン生の採用だけを行いたいのですが可能ですか。

当団体ではインターン生募集のみではなく、その後のサポートまで一貫して行っております。
インターン生とともに事業推進をご検討中の場合は、まずは事務局までご相談ください。

Q3.インターン生の住居などの手配はどのように行えば良いですか。

住居は基本的には企業もしくはインターンシップコーディネート機関の方でご用意頂いております。
募集する段階では、ある程度の見込みがついていれば募集可能です。
(ただし、家賃や光熱費などの金銭的負担については募集の段階でお知らせ下さい。)

Q4.インターン生は採用前に面接することが出来ますか。

可能です。インターンシップコーディネート機関との面談を経て、対面での企業面接を行います。
(基本的にはインターン生が企業を訪問し実施します)

Q5.インターン生の採用は初めてですが、参画可能ですか。

可能です。半年間、インターン生とともに事業を推進していくべく、インターンシップコーディネート機関・ETIC.なども
連携して実施して参りたいと思っておりますのでお気軽にご相談ください。

学生の方向け

Q1.休学せずに参加は可能ですか。

基本的には休学を前提としたプログラムです。ただし、一部の大学で単位化されている実践型カリキュラムを利用すれば
休学せずに参加可能です。詳細は大学の学務課や担当教授などにお問い合わせください。
(ETIC.では個別の大学の情報は分かりかねます)

Q2.合格した場合、地域での住居はどうなりますか。

基本的には受入れ企業やインターンシップコーディネート機関の方が用意します。
ただし、自分で用意する必要がある場合もありますのでエントリー時にご確認ください。

Q3.面接後の辞退は可能ですか。

出来ません。そのため、面接を行う前に実施するコーディネーターとの面談でよくご相談ください。

Q4.面接を複数社受ける事は可能ですか。

出来ません。就職活動と異なり、1社ずつのエントリーとなります。
これは、学生時代という限られた時間を投資し、本気の挑戦を行うために、自分が最もチャレンジしたいという
企業を真剣に考えて選んでほしいためです。企業選択に迷っている場合はぜひコーディネーターまでご相談ください。

Q5.来年度以降も実施予定ですか。

未定です。本プログラムは前期(2014年8月?2015年1月)、後期(2015年2月?2015年7月)の2期制です。
来年度以降の実施については未定ですので関心がある方は今年度にお申し込み下さい。

Q6.プログラムに参加するとどんな機会やサポートを受けられますか?

コーディネーターと呼ばれる専属コーチが、みなさんの時間を何に投資するのか、
ベストな判断ができるように受入企業の詳細情報からキャリアに関することまで相談に応じます。
インターンシップ実施中も、定期的にミーティングを行い、自己の振り返りや、今後の課題・目標設定などをお手伝いします。
心強いサポーター的存在ですので、お気軽に何でも質問してください。

主なサポート内容
  1. インターンシップセミナー
    長期実践型インターンシップの特徴や、心構えなどについて、豊富な事例をもとに説明します
  2. 個別キャリアコーチング
    担当コーディネーターと面談し、参加目的・動機の整理や、更に詳しいインターン情報が得られます
  3. 志望企業へ提出するエントリーシートの添削
  4. 企業面接への同行
    みなさんと企業担当者および担当コーディネーターの三者で行います
  5. インターン開始に向けて事前学習などのアドバイス
    晴れて合格された方は、日程調整や事前学習が必要となりますので、じっくり話し合います
  6. 期間中の中間モニタリング、インターンミーティング
    コーディネーターのコーチングによる振り返りや、今後の課題・目標設定などお手伝いします
  7. インターン修了後のフィードバック
    今回の経験で、何が変わり、何を身に付けられたのか、また今後のアクションを担当コーディネーターと話し合います