第4回 みちのく復興事業シンポジウム 東北は地域の未来を描けるのか? ~ これからの企業の役割を考える ~

みちのく復興事業パートナーズでは、2017年3月に企業を対象にしたシンポジウムを開催いたします。

3.11から6年が経つ東北は、まだまだ復興途上にありますが、ここにきて日本の未来を先取りするような形で、大都市依存ではない地域内でしっかり循環する新しい経済、新しい地域社会をつくっていこうという機運が高まっています。

そうしたなかで、自治体、NPO、企業がセクターを超えて連携し協働していくことがますます重要になりつつあります。こうした動きに企業はどう関わっていくべきなのか、それによって何が生まれるのか、皆さまとともに考えたいと思います。

<概要>

主催 みちのく復興事業パートナーズ、NPO法人ETIC.
日時 2017年3月6日(月)15:00~17:45
会場 電通ホール(東京都港区東新橋1-8-1 電通本社ビル内)
参加人数300名(参加無料)

 

<プログラム内容(予定)>

セッション①基調講演「東北から生まれる地域の未来とは?」
今、時代はどう動いていて社会はどう変化しているのか。そのなかで地域はどのような可能性があるのか。
人口減少社会で生まれている日本の課題、地域の可能性などのお話を伺います。

セッション②プレゼンテーション「セクターを超えた協働の先進地、東北」
東北で活動している起業家から、東北で実際に生まれている新たな可能性をご紹介いただきます。

セッション③パネルディスカッション「今、企業はどのような関わり方ができるか」
みちのく復興事業パートナーズの取り組みを通して、これから東北で企業が関わっていくことの可能性を議論します。

ゲスト

小城 武彦 氏 - 株式会社日本人材機構 代表取締役社長

小城 武彦 氏 (株式会社日本人材機構 代表取締役社長) 1961年生まれ。旧通産省からビジネス界に転じ、企業の社長の右腕として活躍した経験を持つ。カルチュア・コンビニエンス・クラブ、産業再生機構(カネボウ)、丸善CHIホールディングスと、一貫して事業の変革と再生に携わる。2015年から株式会社日本人材機構をスタート。「自分の経験をもっと活かせる場所で、世の中に貢献していきたい」と考える大都市の経営人材と地域とをつなぐ事業に尽力している。博士(経済学)

石井重成氏 - 釜石市オープンシティ推進室 室長

経営コンサルティング会社勤務を経て、震災を機に岩手県釜石市に移住。地方創生戦略の立案やリーディングプロジェクトのディレクターを務める。クロスセクターによる協働を推進し、地域コーディネーター「釜援隊」の創設、オンデマンドバスの実証導入、高校生向けキャリア教育プログラム「釜石コンパス」や、起業支援プログラム「ローカルベンチャーコミュニティ」の展開などを通じて、人口減少時代の持続可能なまちづくりを推進。国際基督教大学卒、1986年愛知県西尾市生まれ。

松村 豪太 氏 - 一般社団法人ISHINOMAKI2.0 代表理事

宮城県石巻市出身。大学院修了後バーテンダーなどを経て、地元石巻でまちづくり活動を行う。勤務中に津波被害にあい自宅も半壊するが、震災直後からがれき撤去、泥かき、仮設住宅団地のコミュニティー形成などに奔走し、石巻中央部の復興活動の中心的な役割を担う。「ISHINOMAKI2.0」発足後は復興に留まらないまちづくりのアイデアを次々と実行に移し、まちの内外の様々な立場の人々をつなぎながら石巻のバージョンアップを目指す。宮城県総合計画審議会委員。総務省地域力創造アドバイザー。

小松 洋介 氏 - NPO法人 アスヘノキボウ

宮城県 仙台市出身。2005年4月に新卒でリクルートに入社。震災を機にボランティアに関わり、地元宮城に戻ることを決意。2011年9月にリクルートを退職後、被災地の自治体、商工会、商工会議所、観光協会などをヒアリングを続け、東北に必要な長期的な支援は「産業の復興」と導きだし、その進捗に奮闘している女川町と出会い女川町復興連絡協議会戦略室へ入室。2013年4月、女川を中心にまちづくり、産業活性に取り組むNPO法人アスヘノキボウを立ち上げた。

橋本 大吾 氏 - 一般社団法人りぷらす 代表理事

理学療法士。茨城県鹿嶋市出身。東日本大震災後、リハビリ専門職の支援団体を設立し、石巻市の支援活動開始。2011年石巻市へ移住。2013年1月「一般社団法人りぷらす」設立。「子供から高齢者まで病気や障がいの有無にかかわらず地域で健康的に生活し続ける事が出来る社会を創造する」を理念に活動。2014年1月リバイブジャパンカップ復興ビジネスベンチャー部門審査員応援賞受賞。世代を問わず年間約3,500名と交流。

谷津拓郎(やづたくろう) 氏 - 株式会社IIE 代表取締役

福島県会津坂下町生まれ。2011年3月早稲田大学大学院卒業。2011年末に現代の暮らしに馴染む会津木綿商品の企画・生産を通して、仮設住宅居住者の手仕事作りを行う活動としてIIEを創業。2013年3月株式会社化し、現代は支援としてではなく事業として会津木綿の企画・製造・販売を行なっている。2015年より、地域で一度途絶えた伝統産業の会津青木木綿の復活に向けた取り組みを行なっている。

高橋 由佳 氏 - 認定NPO法人Switch理事長

宮城県仙台市出身。二輪メーカーにてモータースポーツ企画運営、自身もレーシングカートのワークスドライバーとしてレースに参戦。その後、教育分野・福祉分野の専門職を経て、2011年に、障がい者の就労支援団体としてNPO法人Switchを設立。2013年困難を抱えた思春期・青年期の就労支援ユースサポートカレッジ石巻NOTEを開設。そして、石巻で再び新たな雇用の創出を目指し、2016年8月一般社団法人イシノマキ・ファームを設立、ソーシャルファームを目指した活動を行っている。 精神保健福祉士・産業カウンセラー。