日本初の「ソーシャルベンチャーのビジネスマーケット」

ETIC.では、この夏、社会起業家、ベンチャー経営者、投資家等が集い、次世代の起業家とともに、社会を変える事業を創出していく、「ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット」を発足します。

起業家が自らの事業の成長だけでなく、自らの事業の存在を通した社会環境や市場の変化を目指し、その実現に向けて全力で取り組む。そこに共感する仲間が集い、事業パートナーやメンター、顧客、投資家など、それぞれの役割を自律的に担い、事業のスタートアップや成長が加速する。

先輩たちが奇跡的に創ってきたこのような場面が、自律的に生まれ再生産される場を、そのビジョンに賛同頂く多くのサポーターの方々と、そしてみなさんと一緒に創っていきたいとわたしたちは考えています。

サポーター紹介はこちら


さまざまな経営資源を獲得するチャンス。
マーケットを共につくり、活かすのは「あなた自身」

今回、内閣府地域社会雇用創造事業の一環として、スタートするこのプロジェクト。

未来を創る事業アイデアと、その実現に向けた強い意志を持った個人を2年間で100名選抜し、事業のスタートアップを加速させ、成長軌道に乗せるためのチャンスを提供していきます。

スタートアップ支援金(一律50万円)や事業化支援金(最大450万円)に加え、創業メンバーとなる仲間との出会い、先輩起業家からの経験のシェア、他の起業家との切磋琢磨、期待して仕事を発注してくれる最初の顧客の獲得、この場のコンセプトに共感する企業群による事業化支援など…

提供する機会・サポートの詳細はこちら

しかし、これらの支援は選抜された全員に自動的に与えられるものではありません。

チャンスを最大限に活用する鍵は、自分の事業の成長のみならず、社会環境や市場の変化を生み出したいという、事業のビジョンやアイデア、プラン、そしてあなた自身の情熱です。

この場を起点に、未来を創る、社会を変えるチャレンジをスタートしたいと考えるあなたの応募を、お待ちしています。

ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケット実施要領