トップページ > ソーシャル・アジェンダ・ラボについて

SALのWEBサイトは以下のURLへ移転しました。
本WEBサイトは、3月末をもって閉鎖いたします。
http://www.social-agenda.jp/

 

ソーシャル・アジェンダ・ラボについて

SAL(ソーシャル・アジェンダ・ラボ)は、ETIC.×内閣府のコラボレーションから生まれた「新しい公共」へのチャレンジ・プロジェクトです。

ETIC.では、これまで、若者に長期間のインターンシップを通じて起業家精神をはぐくむ「長期実践型インターンシップ」、社会起業家のインキュベーションプロジェクト「NEC社会起業塾」、日本各地の地域活性に長期実践型インターンシッププログラムを導入する「チャレンジコミュニティ創成プロジェクト」などを通じて、数々の社会起業家的人材を輩出してきました。

こうした実績を生かしながら、新たに内閣府と連携して、これから2年間をかけて100人超の社会起業家を育成する「ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト」に取り組みます。

SALは、本プロジェクトの一環として、新しい社会事業や連携の可能性を探り、社会起業家の課題解決をリサーチによってサポートすることを目的としています。

ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクト

 

リサーチ・プロジェクト

調査活動を通じて次世代の社会起業家を支援することをミッションとしたプロジェクトです。

起業家によるビジネスプランをもとに、事業が取り組む社会課題をヒアリングやデータリサーチによって深め、どんな人に・どれだけ・どうやってサービスを届けるべきか等、事業のあり方を見極めるサポートをします。

詳しくはこちら