トップページ ソーシャルベンチャー ケーススタディ インタビュー 参考リンク集 イベント情報 サポートプログラム
TOP > イベント情報 > Room to Read

本イベントは終了いたしました。

日時

2008年5月27日(火)19:15〜21:30 (逐次通訳付)
(19時00分開場 19時15分開演)

会場 慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
 → 地図
定員

定員に達したため、申込を締め切りました。
たくさんのお申込ありがとうございました。

参加費 1,000円(資料代として)
主催

慶應義塾大学 井上研究会

共催 Room to Read 東京
ソーシャルベンチャーパートナーズ東京
NPO法人ETIC. ソーシャルベンチャーセンター


ケロッグ経営大学院でMBAを取得後、数年の銀行勤務を経て、1991年にマイクロソフトに入社。30代前半で国際部門の要職に就き、重役のポジションにまで昇進したが、休暇で訪れたネパールでの出来事が
きっかけとなり、人生の進路を転換し、途上国の子どもに教育という贈り物を届け貧困のサイクルを断ち切ることを、自分のライフワークにすることを決める。
1999年末にRoom to Read(ルーム・トゥ・リード)を設立。ネパール、インド、スリランカ,カンボジア、ラオス、ベトナム、南アフリカ、ザンビア等で識字率向上のために活動している。雑誌TIMEが選ぶ「アジアのベストヒーロー2004」に選出されるなど社会起業家として数々の賞を受賞している。

著書「マイクロソフトでは出逢えなかった天職。僕はこうして社会起業家になった」 (原題:『Leaving Microsoft to Change the World: An Entrepreneur’s Odyssey to Educate the World’s Children』は、15言語に翻訳されている。



慶應大学在学中より、緊急援助NGOで奥尻島援助やルワンダ難民帰還プロジェクトに参画。公共セクターにおけるマネジメントの必要性を実感し、ジョージワシントン大学大学院に進学、パブリックマネジメントを専攻。 ワシントンDC市政府、アンダーセン・コンサルティング戦略グループを経て、ETIC.に参画。ソーシャル・ベンチャーセンターを設立。02年より日本初のソーシャルベンチャー向けビジネスコンテスト「STYLE」を開催するなど、社会起業家の育成、輩出に取り組む。 05年、国際交流基金フェローとして、米国シアトルの社会起業向け投資機関「Social Venture Partners」に勤務。同年秋より、慶応義塾大学総合政策学部専任講師。 「社会起業論」や「ソーシャルビジネスプラニング」など新規授業を開設。また、若手ビジネスパーソンが集い、資金と自分の専門性を生かした時間を社会起業に提供しあうファンド「東京ソーシャルベンチャーズ」を設立。約40名のメンバーと投資を開始している。

監訳「世界を変える人たち―社会起業家たちの勇気とアイデアの力」(原題:『How to change the world social enterpreneurs and power of new ideas』)デービット・ボーンステイン著

定員に達したため、申込を締め切りました。
たくさんのお申込ありがとうございました。

 

 
チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える
著者:ジョン・ウッド
出版社:ランダムハウス講談社
発行年月:2007年9月21日
世界を変える人たち―社会起業家たちの勇気とアイデアの力
著者:デービッド・ボーンステイン
監訳:井上英之
出版社:ダイヤモンド社
発行年月:2007年02月

 


Room to Readは、途上国の現地コミュニティと協力し、学校や図書館をはじめとする 教育施設を設立するために1999年末に当時マイクロソフトのエグゼクティブであったジョン・ウッドが設立した組織です。世界約30の主要都市に「チャプター」と呼ばれる拠点を擁し、各チャプターをボランティア・ネットワークが支えています。現在カンボジア、 インド、ラオス、ネパール、スリランカ、ベトナム、南アフリカ等の国々で活動中。2020年までに1000万人の子供たちに教育の場を提供することをめざしています。
世界中で読み書きのできない人は現在8億人以上(その3分の2が女性)そして世界の人口は60億人。初等教育を受けていない子供の数は1億人といわれいます。これらの子供達にはチャンスは2度とこないのです。 Room to Readは、幼い子供達に教育を与えることで、少しずつ世界を変えていきたいと思っています。


Room to Read東京は2007年4月にジョン・ウッドの本に共感したメンバーによって立ち上げられ、スタッフは全員ボランティアです。イベント等を通したファンドレイズ、日本における認知を広げるための広報活動、企業とのパートナーシップ開発等を通し、Room to Readの各種プロジェクトを支援しています。Room to Read東京では必要経費を最低限に抑え、集められた資金の100%が途上国の教育プログラムに使われるように努力しています。

お問い合わせ
本イベントに関するお問い合わせは、以下までメールもしくはお電話にてご連絡ください。

NPO法人ETIC.(エティック)
運営事務局 (担当:加勢)

【トピックス】
NEC社会起業塾2008 募集を開始しました。6月23日(月)募集〆切です。

個別プロジェクト・経営相談会 参加者募集中!