トップページ ソーシャルベンチャー ケーススタディ インタビュー 参考リンク集 イベント情報 サポートプログラム
TOP > イベント情報 > 第1回日中社会的企業フォーラム

本イベントは終了いたしました。

日時

2007年12月20日(木)18:30〜21:00
(18時開場 18時30分開演)

会場 NPO法人アイ・エス・エル(ISL)クラスルーム
*東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル5F
・半蔵門線「永田町」駅 *7番口3分
・南北線「永田町」駅 *9a番口8分
・丸の内線・銀座線「赤坂見附」駅 *D.紀尾井町口3分
・有楽町線「麹町」 *駅麹町口6分
・南北線/丸の内線/中央線/総武線「四ッ谷」駅 *赤坂口8
定員

80名 (事前登録制)

参加費 2,000円(招聘費用として利用させていただきます)
主催 Global Links Initiative
NPO法人ETIC.
Social Venture Partners Tokyo
特別協力 NPO法人NPO法人アイ・エス・エル(ISL)

中国のソーシャルビジネスの最前線を知る!

中国で社会的企業のムーブメントが動き始めています!
中国では90年代の後半からNGO活動が活発化し、登録NGOだけで 30万を超える団体が活動してきました。そんなNGOに担い手たちが、 事業の継続・発展、社会的インパクトの拡大を目指し、ビジネス手法を
積極的に取り入れた「社会的企業」の動きに注目したことを契機に、 ビジネス界や政府を巻き込んだ大きな動きが始まろうとしています。取り扱うテーマは、環境、貧困、教育、地域経済の活性化など多岐にわたっており、英米の事例研究に基づいた活動が広がるなど、日本に おける社会的企業、社会起業家の動きと多くが共通しています。

GLI、ETIC.、SVTの3団体は連携し、今年初めから日中の社会的企業の担い手たちが、相互に学びあえる環境づくりを目指し、活動を進めてきました。そして、今回、中国各地から社会的企業支援のリーダー的な方々を日本に招いて、社会的企業の中間支援についての会議を開催すると共に、中国の最新の動きを紹介するフォーラムを開催いたします。

日本のメディアを通しての中国情報は、どうしても中央政府、大企業の動きや事件が中心になっており、社会の新しい動きは報道されることは限られています。今回、来日される方々は、5年、10年先の中国の市民社会の担い手に、大きな影響力を与える可能性の高い方々ばかりで、大変貴重な機会となっております。

今の中国の社会・コミュニティの最前線について、ぜひ最新動向をつかみ、新しい時代の日中の市民交流について、共に考えましょう!


北京富平学校 執行理事 CEO

北京大学東洋学学士、法学修士。中信旅行総公司役員、海虹控股有限公司戦略投資担当役員、海爾(ハイアル)グループ顧問などを経て、2002年、著名な経済学者茅于軾、元アジア開発銀行専門家の湯敏らが創設した北京富平学校の運営に加わる。富平学校は、貧困救済と持続可能な開発に突出した業績をあげる非営利団体。
紹介記事



社区参与行動(北京燦雨石情報諮問センター) 創設者・主任 GLI顧問

2002 年12月 「参加型発展の思想と方法を伝え、都市コミュニティの参与と自治を推進し、コミュニティの調和のとれた発展を促進する」ことを趣旨として、非営利組織「社区参与行動」を設立。中国の都市におけるコミュニティ参加型発展の行動計画研究を行い、研修教材を開発して、基層行政担当者・居民委員会スタッフ・住民など約6000人に研修を行ったほか、北京・寧波・鞍山などでモデル地区を建設。また、2004年からは民政部のコミュニティ建設関連の研究活動に顧問として参加している。
紹介記事



公益事業パートナーズ基金会(NPP,Non-Profit Partners)CEO

プリンストン大学電気機械学学士、ハーバード・ビジネススクールMBA
NPP はマッキンゼー、デロイト・トーシュ、オギルビー・アンド・マザー、君合弁護士事務所、モトローラ、ノバルティス、永豊余グループ、中国青少年発展基金会、中国貧困扶助基金会などが共同発起組織および理事会メンバーとなり、無料の専門サービスの提供、現金・実物の寄贈、ボランティアなどの形でNPPの仕事に参与している。NPPの使命は専門とイノベーション精神で、中国の公益産業の発展を促進することである。




凱洛格(北京)管理諮詢有限公司 業績効率向上サービス部 シニアマネジャー

中国人民大学経済学学士、会計事務所を経て現職。友成企業家扶貧基金会 事例研究プロジェクト担当中国児童少年基金会 人材コンサルタントサービス・プロジェクトに参加。中国企業の海外交流と研修などを担当



公益組織孵化器(NPI, Non-Profit Incubator)主任


北京大学卒業後、同大学MBAを取得。新華社勤務を経て、マーケティングコンサルティング会社を設立。その後、「China Philanthoropy Times」の編集長、企業市民中国委員会の事務局長を務める。現在は中小の民間公益組織の創設をサポートするNPIの主任、中国NPOネットワークの副代表を務める。
NPI英語サイト



アモイ市五斉人文職業訓練学校 校長


アモイ大学卒業、会社勤務・経営後、同大学管理学院(EMBA)修士。友人とコンピューター会社を立ち上げ、そこでコンピューター技術を勉強したい出稼ぎ労働者と出会い、2003年に五斉学校を立ち上げた。当校は、出稼ぎ労働者に技術的な職業訓練と心理的なコンサルタントサービスを提供する。
紹介記事



天津鶴童老年福利協会 常務副理事長
天津中医薬大学本科卒業、南開大学人口研究所(院卒)副教授


1995年、鶴童老年福利協会を設立、500人の高齢者や介護を必要とする老人の介護を行ってきた。天津鶴童は国からも全国初の民辨非営利機構・業界ブランド模範単位と認定された。
自治体国際化協会関連記事



香港ソーシャルベンチャーズ (SVHK,Social Ventures,HongKong)創始者・CEO


IT関連企業に勤務の傍ら、香港大学等で講師として「マーケティング戦略」と「アントレプレナーシップ」のコースを教える。また、2003年、若いビジネスパーソンが香港の社会問題について理解を深め、積極的にその解決に関わることを活動の趣旨としたNPO,30’s Groupを立ち上げた。香港の著名な新聞数紙にコラムを持ち、活発に発言している。
香港30'sgroup英語サイト


9月:北京で開催された日中社会企業(家)支援型組織交流会

1月:ETIC.訪中 日中社会起業家交流の第一歩


中国の若い社会起業家の事例 趙翼氏の紹介(NIKKEI NET)
 「有機食品事業に挑む中国の若い社会起業家」

お問い合わせ
本イベントに関するお問い合わせは、以下までメールもしくはお電話にてご連絡ください。

GLI 事務局 (朱、松江)
 Tel:03-3814-6508  E-mail:matsue@glinet.org
NPO法人ETIC. (加勢、広石)
 Tel:03-5784-2115  E-mail:info@challenge-producer.net

 
Global Links Initiative
NPO法人ETIC.
Social Venture Partners Tokyo
NPO法人アイ・エス・エル(ISL)