• 1 復興応援団南三陸民宿スタートアッププロジェクト
    宮城県南三陸町で体験型ツーリズムと民宿の立ち上げを行う
  • 2 WATALISてしごとプロジェクト
    宮城県亘理町で日本の伝統や技術を世界に発信
  • 3 木質バイオマス普及プロジェクト
    被災地から始まるエネルギー改革運動!地域の経済循環システム構築へ
  • 4 YES工房商品力強化プロジェクト(南三陸町)
    南三陸発 コミュニケーションツールで社会を元気にする
  • 5 気仙沼スマートシティ(木質バイオマスの立ち上げ)
    企業・行政の枠を超えて、ライフスタイルを変革するまちづくり
  • 6 4月14日(土)募集リーダーが直接プレゼン!!
    大きな視点で復興・まちづくりに取り組むための第一歩を
 

東北の「仕事づくり・地域づくり」を担う新たな人材を募集

『故郷に受け継がれてきた"愛"や"感謝"を、この時代を生きる私たちが感じ、次の世代に伝えていくために、そして郷土に伝わるよき思いを新たな形の「モノ」として再び地域の中で蘇らせるために、守るべきことは何かを見極め大事にしながら、新たな地域コミュニティを"創ること"にチャレンジしていきたい。』
- 宮城県亘理町で公務員を辞め、今年創業した代表の引地氏はそう語ります。

3年目を迎えた東北の現場では、各々が自分にできること、未来につなげたいことを考え、徐々に復興が進みつつあります。しかし地域だけでは乗り越えられない困難な課題も多く、そのような現場では、地域外から参画する人材が強く求められています。現在派遣している右腕たちは、社会人経験を活かした交渉や企画、 マーケティング、事業戦略などのスキルを活かし、復興の推進役を担っています。

今回の説明会では、【1】宮城県南三陸町で体験型ツーリズムと民宿の立ち上げを行う『復興応援団 南三陸民宿スタートアッププロジェクト』と、【2】宮城県亘理町で日本の伝統や技術を世界に発信し、新たな女性の就労モデルを創る『WATALISてしごとプロジェクト』、【3】陸前高田から始まる地産地消のエネルギー地域、経済循環システム構築を行う『木質バイオマス普及プロジェクト』、【4】南三陸発のキャラクター「オクトパス君」を通じて地域の雇用をつくり、魅力的な地域・仕事づくりに挑戦している「YES工房商品力強化プロジェクト」、【5】次世代エネルギーやスローフードの開発に取り組んでいる「気仙沼スマートシティ」の5つのプロジェクトリーダーたちをお招きし、新たな「仲間(右腕)」を募集します。 事業に関心がある方、これから東北での活動に参画していきたい方々に、ぜひご参加いただければと思います。

※ 右腕派遣プログラムでは、2014年3月までに200名の派遣を目指しており、これまでの派遣者は140名を超えました。
右腕として参画した後に、東北での起業に取り組む方も出てきています。

 

プロジェクト紹介

●復興応援団 南三陸民宿スタートアッププロジェクト
体験型ツーリズムと民宿を組み合わせた新事業の立ち上げプロジェクト

プロジェクトの詳細・募集概要はこちら 
http://michinokushigoto.jp/archives/5864

●WATALISてしごとプロジェクト(亘理町)
日本の伝統や技術を世界に発信し、新たな女性の就労モデルを創る

プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5897

●木質バイオマス普及プロジェクト(陸前高田市)
被災地から始まるエネルギー改革運動!地域の経済循環システム構築へ

プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5955

●YES工房商品力強化プロジェクト~オクトパス君を全国へ~(南三陸町)
南三陸発 コミュニケーションツールで社会を元気にする

プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/5899

●気仙沼スマートシティ
企業・行政の枠を超えて、ライフスタイルを変革するまちづくり

プロジェクトの詳細・募集概要はこちら
http://michinokushigoto.jp/archives/2785

●その他、現在募集プロジェクトついて以下のURLからご覧ください。   
>>詳細はこちら http://michinokushigoto.jp/archives/status/bosyutyu

登壇者プロフィール

佐野 哲史 氏 佐野 哲史 氏
(一般社団法人復興応援団 代表理事)
慶応義塾大学法学部政治学科卒業。07年7月中越沖地震に際し、ボランティアとして柏崎市に行ったことを契機として地域活性化コンサルティングを開始。11年3月まで新潟県十日町市「雪ふる里村」の事業立ち上げを行う。11年3月17日から被災地に入り「つなプロ」現地本部長。7月以降12年5月末まで、「みやぎ連携復興センター」初代事務局長。復興応援団代表としては南三陸・多賀城等の地域コミュニティの直接支援に取り組み、復興を加速させるための活動を継続中。2012年秋から南三陸町の町民。
プロジェクトの詳細・募集概要はこちら http://michinokushigoto.jp/archives/5864

引地 恵 氏 引地 恵 氏
(てしごとプロジェクト WATALIS代表)
2010年3月宮城教育大学大学院教育学研究科卒業、2012年3月 亘理町役場退職震災後は、亘理町職員としての立場で救援物資担当として体育館内で物資の搬入・搬出などに携わる傍ら、任意団体Blessing代表として地域文化伝承講座の開設や宮城大学と連携した学習支援(稲盛財団東日本大震災復興ボランティア助成事業)、日本ヒプノセラピー協会主催のメンタルケアセミナー(独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業)の運営などのボランティア活動を実施した。メンタルケアセミナーの運営については現在も継続している。2011年10月に任意団体WATALISを立ち上げ、継続的な活動を実施している。
プロジェクトの詳細・募集概要はこちら http://michinokushigoto.jp/archives/5897

長谷川 順一氏 長谷川 順一氏
(株式会社長谷川建設 代表取締役)
岩手県陸前高田市横田町出身。高校まで陸前高田市。大学進学で埼玉県へ卒業後、埼玉県所沢市の企業へ就職するも同年に父親が倒れ翌年帰省。同年平成16年株式会社長谷川建設入社。平成20年代表取締役就任。家族は妻と子3人、母親と一緒に実家で暮らしている。
プロジェクトの詳細・募集概要はこちら http://michinokushigoto.jp/archives/5897

 阿部 忠義氏 阿部 忠義氏
(南三陸町職員 入谷公民館館長&南三陸復興ダコの会 事務局長)
震災直後、喪失感漂う被災者たちを救う手段として、働く職場が必要である観点から、廃校となっていた校舎をリニューアルし、入谷Yes工房を設立させた。工房ではオクトパス君のキャラクターグッズの開発や、震災被害木・間伐材を使用したノベルティーを製作している。現在、20名のスタッフが働いており、活気にあふれている。工房のほか、農園コミュニティ事業や、学生が集う地域づくり推進事業など、交流型の地域振興事業にも取り組んでいる。これらの活動を通じて、地域内外の交流が促進され、元気なまちづくりに繋がる活動に取り組んでいる。
プロジェクトの詳細・募集概要はこちら http://michinokushigoto.jp/archives/5899

 後藤 裕子氏 後藤 裕子氏
(気仙沼スマートシティ/右腕)
北海道室蘭市出身、東京育ち。大学時代は地方財政、地方活性化を専門とするゼミで学ぶ。震災でこれまでのライフスタイル、価値観が見直されてますが、エネルギー分野は特に新しい供給スタイルが求められる分野と思います。現在はバイオマスエネルギー供給システム事業の立ち上げスタッフとして、プロジェクト管理、原料となる木材の確保・流通の仕組み構築、事業企画資料作成などの事務業務等を行っている。
プロジェクトの詳細・募集概要はこちら http://michinokushigoto.jp/archives/2785

 

イベント概要

日 時 2013年4月14日(日) 13:00-16:00 (開場:12:40)
会 場 NPO法人ETIC.5階 セミナールーム
・JR原宿駅表参道口より徒歩9分
・JR渋谷駅ハチ公口より徒歩10分
http://www.etic.or.jp/etic/access.html
定 員 30名(先着順・事前予約制)
参加費 無料
対 象 震災復興リーダーの「右腕」として東北での活動を検討する方。以下のような想いを持った方(ビジネス経験のある人を特に歓迎します)
・今までの社会人経験を活かして、東北の復興に携わりたい
・東北の課題に向き合って、何をしていくべきか具体的な道筋を探したい
・東北が抱える課題に取り組むことで、自分の経験値や可能性を広げていきたい
主 催 NPO法人ETIC. 震災復興リーダー支援プロジェクト
 

スケジュール

12:40 開場
13:00 イントロダクション
(右腕派遣プロジェクトの概要説明)
13:25 募集プロジェクトのプレゼンテーション
・復興応援団 南三陸民宿スタートアッププロジェクト
・WATALISてしごとプロジェクト(亘理町)
・木質バイオマス普及プロジェクト(陸前高田市)
・YES工房商品力強化プロジェクト(南三陸町)
・気仙沼スマートシティ
16:00 終了
※希望者がいれば、終了後に個別相談会を実施
注意事項 :プログラムは予告なく内容を変更することがございます。 あらかじめご了承下さい。

 

【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 ETIC.(エティック)(担当:山中)
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
TEL:03-5784-2115/ FAX:03-5784-2116
E-mail: fukkou@etic.or.jp Website: http://www.etic.or.jp/

 

2013年4月2日
申込を開始しました。