マイプロ ー 学生ソーシャル・アクション・プログラム

RSS
facebook
twitter
お問い合わせ
トップ  >  運営団体

運営団体

▶主催

NPO法人ETIC.

NPO法人ETIC.は、次世代を担う若者への機会提供を通して、Entrepreneurial Leader(起業家型リーダー)の輩出と、社会にイノベーションを生み出すことを目指すNPOです。 年間250名のベンチャー企業へのインターンのコーディネートに加え、日本のさまざまな地域で若者のチャレンジを約40地域で支援する「チャレンジ・コミュニティ・プロジェクト」など、大学・行政・企業などの様々な組織と連携し、挑戦する若者を応援するプロジェクトを進めています。2010年には内閣府と連携し、社会的企業を担う大学生を対象にした実践型インターンシップを全国で1500名を実施、また、約100名の起業家をサポート、2011年からは震災復興支援にも注力し、50のプロジェクトに100名以上の人材を送り込み、コミュニティ再生、産業復興等の支援に取り組んでいます。

▶ETIC.ホームページ: http://www.etic.or.jp/

▶オフィシャルパートナー

バンクオブアメリカ・メリルリンチ

バンクオブアメリカ・メリルリンチは、全世界40カ国において約30万人の社員を有するグローバル金融機関です。日本では東京日本橋に拠点を置き、オフィスには30カ国以上の異なる国籍を持つ社員約1300名が日々業務にあたっています。グローバルな環境だからこそ、多様性を受け入れる土壌が作られており、そうした多様性を受入れ、尊重する社風から、社会貢献活動においても「地域の伝統・文化を大切にすると共に、より良い未来を創るための社会的投資」というテーマの下に、日本においても積極的に活動を行っています。私たちは、事業を展開する地域への貢献は企業市民として欠かせないものだという基本的な考えの下、グローバル金融機関として少しでも日本の経済、社会の発展の担い手になることができればと常に考えています。

▶バンクオブアメリカ・メリルリンチ ホームページ: http://www.japan.ml.com

バンクオブアメリカ・メリルリンチCSR推進チームからのメッセージ

東日本大震災発生直後より、バンクオブアメリカ・メリルリンチは被災地での社員ボランティアによる緊急支援活動等、被災地復興支援に対して様々な取り組みを行って参りました。そして震災から1年以上が経ち、今、復興支援に最も必要なのは、これからの復興活動を支える若手リーダーの育成であると感じています。この度の「学生ソーシャル・アクション・プログラム」は、東北の復興を担う次世代リーダー達の創出を目指し、復興支援に取り組む志ある若者達のチャレンジを応援するプログラムです。この取り組みは、起業家育成に実績があり、かつ震災直後から被災地で起業家サポートを実践しているNPO法人ETIC.さんをパートナーとしてこそ実現できると考えております。東北の復興支援に若者が集まる流れを留めることなく、5年後も10年後も若者達が集う、活気溢れる東北の未来を共に創ってく、そうした機運が、この取り組みをきっかけに高まることを期待しています。

▶オフィシャルドナー

Give2Asia

私たちGive2Asiaは、G2Aの理念に沿った活動、そして長期的な震災復興支援活動 の一環としてこの【リーダーシップ育成プロジェクト】を支援します。

G2Aは米国カリフォルニア州サンフランシスコ市にある、公的資金で運営される NPO・NGO組織です。
助成金提供者が国際的な慈善活動を行うにあたって直面する課題を乗り越える 際、その一助となることを目的とし、2001年に設立されました。

これまでの実績と20カ国以上にある活動拠点を活かし、現地の大規模・小規模団 体が、すばらしい活動を行うための資金源を確保できるよう尽力しています。 G2Aはアジアのコミュニティに恩恵をもたらすことができる監督能力と総合的か つ実地に基づく知識を有します。

また、日本のNPO組織のパートナーとして、2001年より教育、環境、医療サービ スに関わるサポートを行っています。2001年3月以降は、震災復興支援活動に焦 点をあて、数ヶ月前に発生した前例のない規模の震災により被災した地元コミュ ニティを力づけるため活動しています。

さらにG2Aは、例えば学校の子供達が集めた寄付などを含む、米国の個人や企業 また団体からの寄付により活動資金を得ています。

▶Give2Asia ホームページ: http://give2asia.org/japan-grantees