合宿形式の集合研修

 

プログラム期間中に3回の合宿形式の集合研修を実施します(参加必須)。

合宿では、気鋭の社会起業家や先輩経営者(プロジェクト・アドバイザー)を招いての経営指導やレクチャーのほか、他の参加者との交流の機会もあります。

※日程およびプログラムは変更になる場合があります。

スタート合宿: 2010年8月5日(木)、6日(金)、7日(土)

・オリエンテーション
・メンバー相互理解セッション
・キックオフ・レクチャー
・先輩社会起業家によるレクチャー
・メンバー同士の懇親会
・組織・プロジェクト相互理解ワークショップ
・8ヶ月間の目標を設定するワークショップ
・先輩社会起業家を招いた大交流会


昨年度の模様

キックオフ・レクチャー

ETIC.事業統括ディレクター山内より、今までの社会起業家育成の経験をもとに、「社会にインパクトを与える人材は、いかに育っていくのか?」「ETIC.から生まれた社会起業家の事例紹介」「アントレプレナーの役割」「社会起業家に求められる3つのキーワード」「これから8ヶ月間の現場での心得」などをお話しました。


先輩社会起業家によるレクチャー

NPO法人フローレンス代表理事 駒崎氏、NPO法人NEWVERY(旧コトバノアトリエ)代表理事 山本氏をゲストに招き、「社会事業の立ち上げプロセス」「社会事業のビジネスモデルの組み立て方」「事業立ち上げ時の収支シミュレーション」「事業立ち上げ資金の調達方法」「社会起業家の視点・マインド」などを、ご自身の経験をもとにお話頂きました。


組織・プロジェクト相互理解ワークショップ

自分がそれぞれの団体の経営者になったつもりで「団体のミッション」「フォーカスしている社会課題」「対象顧客」「事業内容/ビジネスモデル」を発表しました。メンバーから様々な質問やフィードバックを受ける中で、自分が8ヶ月間取り組むプロジェクトや団体自身の理解を深めていきました。


先輩社会起業家を招いた大交流会

キックオフ合宿最終日は、毎年、ETIC.が主催している社会起業家の大交流会に合流しました。教育、農業、金融、地域再生等のテーマにイノベイティブな手法で事業に取り組む先輩社会起業家との交流は、これから本格的に社会変革の現場に入っていくメンバーにとって大きな刺激となりました。今年も最終日は、この交流会に合流する予定です。


中間合宿: 2010年11月12日(金)、13日(土)

・オリエンテーション
・VBM(Virtual Board Meeting: 仮想理事会/取締役会)
・先輩経営者によるレクチャー
・先輩経営者との個別経営・事業相談会
・プロジェクト計画の再設計ワークショップ
・交流会


昨年度の模様

VBM(Virtual Board Meeting: 仮想理事会/取締役会)

今までの数カ月間の事業の進捗・成果と、残りの期間で取り組む事業の目標、現状の課題を発表。ゲスト先輩経営者やメンバーが「仮想の取締役・理事」となり、事業の課題解決、ビジョンの実現に向けて厳しい指摘やアドバイスを頂きました。


先輩経営者によるレクチャー

資源リサイクルの重要性に20年以上前から着目、持続可能社会の実現を目指して事業を展開する社会起業家 熊野氏をゲストに迎え、「時代に先駆けて、ビジネスモデルをどのようにシフトさせてきたのか?」「変革の担い手として、現在の経済状況をどのように捉え、未来をデザインするのか?」「25年間のソーシャルビジネスの現場・経営から学んだこと」などをお話頂きました。


プロジェクト計画の再設計ワークショップ

3年後に事業を通じて実現したい社会は?そのために1年後に事業がどのような状態になっているべきか?というあるべき姿から逆算して、残りの期間の目標の再設定やタスクのブレイクダウンを実施。社会変革を起こすために、今日・明日、この1カ月は何をすべきか、といった視点を獲得し、ギアをチェンジして再加速する機会になりました。


修了合宿: 2011年3月18日(金)、19日(土)

・経験のシェア・学び合いセッション
・未来戦略ワークショップ
・先輩経営者によるクロージング・レクチャー
・交流会


昨年度の模様

経験のシェア・学び合いセッション

各メンバーが社会変革の現場で行ったこと、生み出した成果、その経験からの学び、自身の成長を発表。そのプロセスで、改めて、「社会イノベーター」として歩みを進めるうえで必要なことは何か?必要な考え方、価値観、能力、思考・行動特性はどのようなものか?を 相互に深め合いました。


未来戦略ワークショップ

社会イノベーターとしての未来ビジョンを描き、その実現に向けたアクションプランを決めるために、それぞれが社会起業家に「今」なったとして、実現したい社会や解決したい課題、対象としたい顧客やその課題・ニーズなどを具体的に考え、事業計画を作成。このプロセスを通し、自分自身が大切にしたい価値観を更に深めながら、今後なすべきことを相互にアドバイスしました。


最終報告会: 2011年4月16日(土)

・公開プレゼンテーション&フィードバック
・修了式
・交流会

※フルタイムでの現場実践は原則的には3月の修了合宿までとなります。修了合宿から最終報告会までは、報告の準備と各自の次のキャリアステップに向けての準備期間となります。


昨年度の模様

公開プレゼンテーション&フィードバック

各メンバーが、現場での経験、そこからの学びや成長、そして「社会イノベーター」としての今後のビジョンを、受け入れNPO・企業の経営者や上司、同僚、スポンサー企業の皆さんの前でプレゼンテーション。

厳しくも温かいフィードバックやエールを受け、新しいステージやビジョンに向けてそれぞれが決意を新たにしました。



 

▲ページの先頭に戻る