FAQ・お問い合わせ

FAQ(よくある質問)

Q. 通常のETIC.のインターンとはどのように違うのでしょうか?

本プログラムは社会変革リーダーの育成を目的としたもので、通常のインターンでは募集していないリーダー格のポジションでの募集になります。ですので、通常のインターンとは違い、ある程度の実務経験がある方を対象にしています。また、期間中は通常起業支援プログラムで提供しているような集合研修や個別の経営指導・支援が提供されます。

Q. 前提となる実務経験はどのくらい必要でしょうか?

自分で仕事を進めていけるだけの、社会人としての基本的な知識や能力、経験を備えていることが条件になります。学生の場合は半年間以上の起業経験や実践型インターンシップの経験やそれに準じる経験(学生団体のマネジメントなど)、社会人の場合は1年以上の実務経験を目安としてお考えください。ただし、最終的には受入先および選考委員会との面接にて判断させて頂きます。

Q. 学生の場合、休学は前提でしょうか?

原則的には2010年8月1日前後から2011年3月上旬〜中旬までの間、プロジェクトにフルタイムで参加できる方を対象にしていますので、休学が前提となります。しかし、たとえば、既に単位をほとんど取り終えていて、学校にはほとんど行く必要がないなどの場合、休学しなくても参加できます。

ただし、首都圏以外の地域から参加される場合は、首都圏に滞在して週5日勤務することが前提になりますので、実質的に休学が前提となります。また、かものはしプロジェクトにエントリーする場合はプロジェクト実践の場所がカンボジアになりますので、こちらも休学が前提になります。

Q. 現場実践スタートはどのタイミングになるのでしょうか?

7月上旬の合否確定後、受入先との協議を経て、合格者には随時、現場での実践をスタートして頂きます。早い場合には、合格後すぐにスタートとなる場合もあります。また、既にお勤めの方で退職までに1ヶ月程度かかる場合は、8月1日前後を勤務スタートの目安としてください。

Q. 現場実践終了はどのタイミングになるのでしょうか?

原則的には2011年3月18日・19日の修了合宿の直前までが現場実践期間です。ただし、プロジェクトの進捗状況によっては、受入先との協議・合意の上で、参加者本人の都合が許す限り継続していただく場合もあります。

Q. 内定先のある大学4年生は参加できますか?

2011年4月より新社会人として入社予定の方でも本プログラムにはご参加頂けます。3月19日の修了合宿以降は、各自、2011年4月16日の最終報告会や次のキャリアステップに向けた準備を就職先の仕事に支障がない形で進めて頂ければと思います。

Q. 会社は辞めなければ参加できませんか?

フルタイム・フルコミットでの参加を前提としたプログラムのため、現在お勤めの方が仕事と両立することは難しいです。社会人大学院への進学のケースなどと同様に、期間中は休職して参加するという選択肢もあります。ただし、参加の可否は最終的には受入先の総合的な判断になりますのでご了承ください。

Q. 報酬は出るのでしょうか?

本プログラムは、人材育成プログラムとして実践の機会を提供するものであるため、期間中の報酬は発生しません。ただし、一定の活動支援金および各種手当をお支払いします。プロジェクトによって金額は異なりますので、詳しくは「受入先・プロジェクトの紹介」ページをご参照ください。

Q. 受入先に就職を考えているのですが?

就職を前提としたプログラムではありませんが、プログラム修了後、参加者および受入先の合意により、結果として就職・採用に繋がるケースはあります。

Q. 途中、数日お休みをいただくことは可能でしょうか?

通常の社会人と同様、十分な期間を置いて事前申告頂ければ、数日の休みを取ることは可能です。最終的には面接にて受入先に確認して下さい。また、緊急の場合は当然この限りではありません。

その他のお問い合わせ

その他、不明な点があれば担当者までお気軽にお問い合わせください。

【本件に関するお問い合わせ先】
特定非営利活動法人エティック 次世代社会イノベータープログラム担当
細田 飛鳥 / 内野 博礼
電話: 03-5784-2115 / Eメール: innovators@etic.or.jp

▲ページの先頭に戻る