プロジェクト・アドバイザーによる個別経営指導・支援

経営指導・支援

期間中は、必要に応じてプロジェクト・アドバイザーによる経営指導・支援を受けることができます。過去のETIC.のプログラムでは、双方が良い関係を構築し、プログラム修了後もよき師弟・仲間として関係が継続しているケースが多数あります。ぜひ有効に活用してください。

 

2009年度の実施例

石川治江氏(ケアセンターやわらぎ)&熊野英介氏(アミタ株式会社)による経営指導

現在の介護保険制度の原型を創った介護業界の社会起業家・石川治江氏と、25年前から資源リサイクルに取り組み、持続可能社会の実現を目指し、IPOまで経験した社会起業家・熊野英介氏。

一問一答形式で、参加メンバー一人一人が社会変革に挑む事業のリーダーとして直面している事業課題や個人の悩みに対して、事業家・経営者としての深いご経験を踏まえて、お答え頂きました。



小城武彦氏(丸善株式会社)との対話

経済産業省からベンチャー企業経営者を経て、産業再生機構からカネボウの再建を任され、見事に立て直し、現在は日本最古の株式会社である丸善の経営に携わっていらっしゃる「経営のプロフェッショナル」小城武彦氏。

「リーダーの役割とは?」「使命とは何か?」「経営の目的とは何か?」など経営や、更には人生を生きるうえで大切なトピックについて対話形式でディスカッションさせて頂きました。



船木成記氏(博報堂)によるプロジェクト戦略会議

環境省の温暖化防止キャンペーン「チームマイナス6%」や内閣府のワークライフ・バランスキャンペーンなど、ソーシャルプロモーションの仕掛け人である船木成記氏。

各メンバーによる事業の進捗や現状課題の発表に対し、マーケティング的視点に留まらない様々な観点から鋭いアドバイスを頂きました。


勉強会

社会変革の実現や、社会変革リーダーに向けた成長における重要なトピックについて、プロジェクト・アドバイザーを始め、社会変革の最前線で活躍されている講師を招いての勉強会の実施を予定しています。

2009年度は、ETIC.が起業家支援プログラムとして起業家限定で行った勉強会にも、特別枠として参加しました。

※月1回程度を予定しています(内容未定)

 

2009年度の実施・参加例

ソーシャルプロモーションを仕掛けるコツ 〜ボルビック「1Lfor10L」に続くコーズリレーテッドマーケティング(CRM)をつくる!これからの企業とソーシャルビジネスの連携とは?
講師:船木 成記氏(株式会社博報堂 企画開発部ディレクター)

ソーシャルビジネスをどのように拡げるか 〜社会課題解決のための事業や活動のスケールアウトを考える
講師:井上 英之氏(慶応義塾大学 専任講師)

国をつくるという仕事 〜世界の未来をデザインする変革のリーダーシップとは?
講師:西水 美恵子氏(前世界銀行 副総裁)

教育から世界を変える 〜地域教育の視点から変革を仕掛ける
講師:毛受 芳高氏(NPO法人アスクネット 総合プロデューサー・理事・教育コーディネーター)

▲ページの先頭に戻る