震災から5年という節目で、多くの企業が復興支援や東北での活動から遠ざかりつつあります。

しかし一方、「地方創生」の掛け声のもとで日本の地方には熱い関心が集まっています。
この文脈において、震災をきっかけに内外から想いを持ったリーダーたちが結集し、
大きな変化が起きようとしている東北は、いま企業が最も注目すべき地方ではないでしょうか。

今回は、企業・行政・NPOという3つのセクター(トライセクター)での社会課題解決に
最も先進的に取り組んでいると言われる宮城県女川町を民間企業の皆さんとともに訪問します。
現地での先進的な取り組みの視察や、行政担当者の方々との対話などを通じて、
貴社における「地方での事業創出」や「地方創生を担う人材の育成」の可能性について考えていきます。

 

本フィールドスタディのねらい

  1. 女川におけるトライセクターでの社会課題解決の先進的な取り組みの視察を通じ、
    「地方でいま何が起きているのか」「地方創生とはそもそも何なのか」について肌感覚での学びを得ること
  2. 自社が東北という地方において何をすることができるのか、地方創生の文脈でどんな一歩を踏み出すことができるのかを、
    専門家や現地の実務家・行政担当者、更には他社の担当者とともに議論し、考え切ること

 

現地で体験できること

  • 女川町で始まろうとしているトライセクターでの先進的な社会課題解決の現場の訪問
  • NPO法人アスヘノキボウをはじめとした、地方創生を引っ張るリーダーとの対話
  • 行政担当者との交流・意見交換
  • 地方創生を手掛ける他社の担当者との議論・意見交換

 

対象者

  • 地方創生の可能性を検討する企業の事業部門や経営企画部門のご担当者
  • 社会課題解決の現場での人材育成や社会貢献の可能性を検討する民間企業の人事部門
  • CSR部門のご担当者

 

概要

日時 1/25(月)~1/26(火)
定員 20名
 - 原則1社最大2名まで  - 最少催行人数:8名
参加費 5万円
 - 現地までの交通費・宿泊費・食費は別途

 

日程行程(変更の可能性あり)
Day1
1/25 (月)
  • JR女川駅に集合(13:00)
  • オリエンテーション
  • アスヘノキボウ小松代表との会話
  • 小松代表のアテンドによる女川町の視察
  • 女川データセンターの訪問、等
  • 地方創生関係者との懇親会
Day2
1/26(火)
  • 行政担当者との意見交換
  • 地方における人材育成の事例の視察
  • フィールドスタディの振り返り
  • JR女川駅にて解散(15:00)

参加申し込み

【個人情報の取り扱いについて】
このフォームからご登録頂いた情報は、NPO法人ETIC.の個人情報保護規程に基づいて取り扱われ、当イベントに関するご案内のためにのみ利用させていただきます。皆様の個人情報を皆様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。プライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

の項目は必ずご入力をお願い致します。

申込イベント名
お名前 姓: 名:
フリガナ セイ: メイ:
ご所属組織
ご所属部署
役職
メールアドレス(半角)
電話番号
本フィールドワークに期待すること
ご質問等

以上の内容でエントリーしますか?