Goldman Sachs Gives 中小企業経営革新プログラム

トップ  >  募集プロジェクト  >  Global Mobility Service 株式会社
閉じる
絞込検索

東京都

募集中

社長の右腕

新規事業立ち上げ

長期

学生

初心者OK

2017.11.02掲載

新規IoTでクルマを買えない世界の20億人を救うシステムを生み出す事業立ち上げプロジェクト~発展途上国にて、IoTサービスを提供し、誰でも車を利用できる仕組みを創る。~

Global Mobility Service 株式会社

途上国にて、IoTサービスを提供し、誰でも車を利用できる仕組みを共に創っていくインターン生を募集します。

当社のフィリピン現地法人にて、これまで与信審査に通過せず車両を購入できなかった現地のドライバー及びドライバー志望者に対し、IoTサービスを提供し、誰でも車を利用できる仕組みを創ります。

募集要項

グローバルモビリティサービス株式会社は、弊社代表の中島が大気汚染の著しい新興国において、環境に優しい電気自動車を普及させる取り組みを行っていた際に、金融機関各社がBOP層に所属する購入希望者に対するファイナンスを、与信の観点から実行できないという現状を目の当たりにしたことが、事業を創業するきっかけとなりました。従来与信審査が通らない人々に対して1人でも多くの人が車を利用できるようになり、1人でも多くの人の暮らしが豊かになるように、IoT×FinTechの領域において全く新しいビジネスモデルを創造してきました。

現在、グローバルモビリティサービス株式会社のフィリピン現地法人では、昨年の秋より現地の三輪タクシー(トライシクル)として利用されているトライシクルに注目し、これまで与信審査に通過せず車両を購入できなかった現地のドライバー、及びドライバー志望者に対し、MCCSを搭載したトライシクルを月額支払いもしくは週額支払いでトライシクルを貸出すサービスを提供しています。

※MCCSは、車を遠隔で制御し位置情報を始めとする多種多様な情報センシングを実現するデバイスです。MCCSが搭載された車両の利用者は、利用料金の支払いが滞った場合、当社クラウドシステムを活用することにより遠隔で車両エンジンを停止させ、車両利用者の料金払いを促します。

今回、インターン生にはグローバルモビリティサービス株式会社フィリピン現地法人COOの右腕となってもらい、当社の提供するサービスのバリュエーションを増やし、新たな提供形態を実現することで、更に幅広い方がをターゲット層に取り込み、より多くの方々に対して車両を利用してもらう仕組みを創ってもらいたい思っています。インターン生には、現地ドライバーのニーズの追求、新規サービスの企画、実証実験を必要に応じて実施し、本格事業化までの基盤の仕組みを作り上げる実務を任せます。

期待する成果 市場調査(現地ユーザーへのヒアリング等)
実証運用のスキームの設計
新規サービスの実証運用実施
仕事内容

フィリピン現地法人COOの右腕インターン

フィリピン現地法人において、より多くのトライシクルドライバー及びドライバー志望者に対し、車両利用機会を創出することのできる、新規サービスを立ち上げます。
インターン生には、現地ドライバーのニーズの追求、新規サービスの企画、実証実験を必要に応じて実施し、本格事業化までの基盤の仕組みを作り上げる実務を任せます。

・市場調査(現地ユーザーへのヒアリング等)
・実証運用のスキームの設計
・新規サービスの実証運用実施

当社トライシクル事業を拡大させるべく、当社フィリピン現地法人COOの右腕となり、新規サービスの立ち上げの実務を担当頂きたいと考えております。
得られる経験 ・新規事業の立ち上げのプロセス
・海外での市場調査及びマーケティング経験
事前課題 担当コーディネーターに確認してください
期間 【学期中】6ヶ月以上 【休暇中】6ヶ月以上
勤務条件 【学期中】平日フルタイム
【休暇中】平日フルタイム
勤務地 フィリピン現地法人(Unit15F,Antel 2000 Corporate, Varelo Street,Salsedo Village,Makati City)
活動支援金 有り
経営者からのメッセージ

うわべだけの就業体験ではなく、GMSの一員として

ー実際の会社経営に関わってほしいー
これまでの制度化されたうわべだけの就業体験ではなく、GMSのインターンは実際にGMSの一員として活動してもらいます。
そのため、実施内容はGMSの事業のフェイズによってもちろん変わります。そのなかで本当の意味での就業体験をしてもらいたい。実際にGMSの仲間の一員として尊敬し、尊敬される関係を築き、自分からGMSをより一歩前へと進めることこそが、GMSがインターン生に求めるものです。あなたのこれまでの経験を存分にGMSで活かしてみませんか。

ー出来上がった仕組みをこなすのはアルバイト。ー
当社でのインターンシップは仕組みを創ることができる醍醐味を知っていただきたい。あと数年で、大学を卒業する中で、社会人として世の中で戦えるだけの、自分形成の最後のチャンスではないでしょうか。

ーやりがいのある仕事とは何か。ー
当社が掲げるインターンシップ制度は、多くの学生がこれまでアルバイトを通じて経験してきた仕組みをこなす仕事ではなく、より難しいとされる仕組みを創る仕事を行っていただきます。

Global Mobility Service株式会社 代表取締役 社長執行役員CEO/中島徳至

[PROFILE]
49歳 1967年1月1日 岐阜県出身
東京理科大学大学院修了 MOT取得
Global Mobility Service株式会社 代表取締役 社長執行役員CEO
岐阜大学 大学院工学研究科 客員教授
東京大学 大学院工学系研究科 非常勤講師

BEET Philippine inc 前CEO兼代表取締役社長
株式会社ゼロスポーツ(ファウンダー)
一般社団法人蓄電型地域交通推進協会(FORTES)理事
電気自動車普及協議会(APEV)初代代表幹事
一般社団法人自動車用品小売業協会(APARA) 理事
財団法人 日本自動車研究所 評議員
日本自動車マフラー協会 会長
経済産業省「電池技術と自動車に関する検討会」 委員

担当スタッフから一言

独自に開発された、最先端の遠隔起動制御IoTデバイス「MCCS」は、クルマを、モノとしての価値だけでなく、私たちの生活に新たな可能性を生み出す、より社会的で価値の高いものに生まれ変わらせることを可能にしています。
中島社長は、IoTを利用した最新のシステムで社会課題に挑むイノベーターであり、やる気のある若者に対して、共に成長し合おうとする真摯な姿勢を持っています。
人と人の信用のあり方を、テクノロジーを用いて新たな切り口から構築し、誰でも、どんな人でも雇用創出や所得向上を目指し、自らのインフラを整えることができる社会。IoTの未来を照らすGMSと一緒に、これまでにない大きなインパクトを社会に作り出していきませんか。

▶事前に調べよう
webサイトをよく読んでみてください!
Global Mobility Service >>http://www.global-mobility-service.com/index.html

団体情報

モビリティサービスを通じて、多くの人を幸せにする

Global Mobility Service 株式会社

当社はこの社会に存在する事で人々の悲しみを減らし人々の喜びを増やしたい。これまで日本で育てていただいた経験の全てを、世界でそして社会で力の限り貢献したい、そんな想いで起業いたしました。
これまでのクルマは、クルマそのものの価値で人々を魅了し、クルマに合わせた様々な社会インフラが整備されてきました。しかし、これからは「社会ありきのクルマ」、多様な社会システムの中でクルマの価値・役割が新たに見直される時代が到来すると私たちは考えています。
途上国では、電話代や電気代も前払いが多く、銀行口座を持っておらず、与信がないために、ローンを組んでものを購入することができません(※「与信」とは後払いや融資を金融機関に認めてもらえるように信用を与えること)。
車さえあれば、タクシードライバーや物流会社の運転手として雇用が創出され、所得も向上するにも関わらず、多くの人々は車を購入できません。私たちは、ローンの返済能力があるにも関わらず、ローンを組んで車を購入することができない現地の人々に対して、IoTを用いることで、与信審査を省略したサービスを提供することを決意しました。
誰もが車を利用することができ、社会がクルマを利活用できる仕組みの実現に向け、IoTをコアとした、全く新しいビジネスモデルを創ります。

■事業内容:
モビリティサービスを通じて、多くの人を幸せにする。
当社の独自技術であるIoTプラットフォームと最先端のIoTデバイス、そしてまだ見ぬ世界を実現するための 市場開発力が、世界中の人々の生活を豊かにし、生活の質を高めるモビリティサービスを可能にいたします。
■設立:2013/11/25
■代表者:代表取締役 社長執行役員CEO 中島徳至
■従業員数:41名
■資本金:510,714,900円(資本準備金含む)
■WEB:http://www.global-mobility-service.com

受入先一覧に戻る