Goldman Sachs Gives 中小企業経営革新プログラム

トップ  >  募集プロジェクト  >  株式会社Mt.ファームわかとち
閉じる
絞込検索

新潟県

募集終了

地域活性

マーケティング/広報

長期

学生

初心者OK

2017.02.06掲載

山奥の小さな会社の挑戦

株式会社Mt.ファームわかとち

作る農家から売る農家へ。山奥の小さな会社のビジネスモデルを一緒に創る!

インターンのミッションは農家に“売る“視点をつくることです。このインターンでは、集落の暮らしを学んだり、実際の米の生産の現場を学ぶのはもちろん、(株)Mt.ファームわかとちの社員として米を販売するために必要な、webページやSNSページをデザイナーと協力して作成し個人消費者向けの販路拡大へと繋げます。

▲Mt.ファームわかとちの商品です。

▲年間約800名の方が来訪します。

募集要項

インターンの舞台となるのは、小千谷市の若栃集落。35世帯110名の小さな集落です。この集落では、中越地震がきっかけで元気がなくなった村の元気を取り戻そうと、住民自らが地域の未来を考えるワークショップを25回程度重ねてわかとち未来会議を立ち上げました。このわかとち未来会議では、グリーンツーリズムを柱とした交流事業や、米の販売、農家民宿おっこの木の立ち上げなど様々な活動を行なってきました。中でも交流事業では、一般の方のほか、JICAの海外研修生の受け入れや修学旅行の小・中学生など様々な方を受け入れいれてきました。その人数は年々増加し、昨年度は約800名の方を受け入れています。

交流や米の販売を本格的に事業するべく、2016年4月に(株)Mt.ファームわかとちを住民が出資し立ち上げました。しかし、現状では生産組合から法人化したばかりで、売上がまだ少なく通年で雇用が出来ないのが現状です。さらに若栃は世界でも有数の豪雪地域でもあるため冬場は農業が全くできなくなってしまいます。そのため、冬場の仕事づくりやその他の事業で売上を作って行く必要があります。

具体的には、米や野菜のブランド化、通年で取り扱える加工品の開発、農家民宿の経営などで、3年で2人雇用出来る経営基盤づくり、そして私達の活動に共感して帰ってきた地元の若者を雇用し、この地域で安心して暮らせる環境をつくるのが目標です。

インターンのミッションは農家に“売る“視点をつくることです。このインターンでは、集落の暮らしを学んだり、実際の米の生産の現場を学ぶのはもちろん、(株)Mt.ファームわかとちの社員として米を販売するために必要な、webページやSNSページをデザイナーと協力して作成し、年間800名ほど来る交流事業の顧客を中心とした個人消費者向けの販路拡大へと繋げます。また、マルシェの出店など売るためのトライアルを行なっていきます。

期待する成果 米の販売力の向上、売り上げUP
仕事内容

・米の販売の実践 ・農家民宿の運営補助など

【STEP1(1カ月〜2カ月)】
「地域、会社、農業の現状を知る」
まずは、地域と会社、そして農業の現状を知るために現場で実際に体験します。
-社長や地域の農家にヒアリング
-農家民宿の宿泊者にヒアリング



【STEP2(3カ月〜4カ月)】
「販売ツールの作成、市場調査」
米を売るためのwebページの作成や実際に都内のマルシェ等に出展し、売る実践を行います。
-マルシェの出展
-営業同行
-webページの作成
-SNSページの作成、運用


【STEP3(5カ月〜6カ月)】
「売り込み、販路開拓」
商談会やマルシェに出展し米の販売先を獲得していきます。
-商談会参加
-単独営業
-マルシェ出展
-リピーターが定着するための仕組みづくり
得られる経験 中山間地域の暮らし、ビジネスが学べます。
事前課題 なし
期間 4月〜9月
勤務条件 【学期中】週5日(40時間以上/週)
【休暇中】週5日(40時間以上/週)
勤務地 新潟県小千谷市
活動支援金 あり
経営者からのメッセージ

中山間地域のビジネスモデルを作る!

私たちと一緒に中山間地域のビジネスモデルを作るためにトライしていきましょう!

取締役/細金剛

[PROFILE]
わかとち未来会議代表、Mt.ファームわかとち取締役

担当スタッフから一言

「ビジネスとしての農業、中山間地域のビジネスモデルを一緒に作り上げる」そんな情熱をもった方のご応募をお待ちしております!

団体情報

作る農家から売る農家へ。山奥の小さな会社のビジネスモデルを一緒に創る!

株式会社Mt.ファームわかとち

※準備中

■事業内容:
農産物の販売、生産、作業受託
■代表者:内山 博文
■従業員数:4名
■資本金:1,600,000円
■売上高:9,700千円

受入先一覧に戻る