Goldman Sachs Gives 中小企業経営革新プログラム

トップ  >  募集プロジェクト  >  有限会社アーキ・クラフト
閉じる
絞込検索

奈良県

募集中

社長の右腕

マーケティング/広報

長期

学生

初心者OK

2017.05.26掲載

「家を建てる」を変える! 新しい家づくり・モノづくりをプロモーション!

有限会社アーキ・クラフト

「自分らしい」暮らしを育てる住まいの学校『SUBACO』プロジェクトにチャレンジ

奈良県承認の経営革新計画企業であり、設計部門を有するデザイン住宅が得意な工務店のアーキ・クラフト。しかし、標準世帯という「普通の家族像」が崩壊し、「家を建てる」という人生の大きな出来事も変化に問われています。このプロジェクトでは、工務店の社長の右腕となり、これからの新しい家づくり・モノづくりのあり方を一緒に考え、住まいの学校・講座事業をプロモーションしていきます。

▲SUBACOの小屋作りの様子。多くの参加者で毎回講座はにぎわいます。

▲インターン生と倉原社長。今回の募集でインターン生の受入は3期目になります。

募集要項

▼アーキ・クラフトの想い
 アーキ・クラフトは奈良を中心に主に住宅を取り扱う「工務店」。しかし、一般の工務店とは毛色の異なり、多くの社員は設計事務所勤務経験者で、設計に力を入れています。「建てたら終わり」ということではなく、お客さまがこれから先もずっと安全で心豊かな暮らしをしていただくという経営理念に基づいて、21世紀の新しい住宅の在り方を見据えてチャレンジを続ける企業です。

▼新しい住宅商品「育つ家」が展開
 一般的な注文住宅や建売住宅の在り方の疑問から、「育つ家」という新しい住宅商品のプロジェクトがスタート。そもそも、20年先、30年先を見越して、間取りを決めなければならないのは、はじめから無理があるのではないか。そこで、しっかりした躯体をつくり、増床の余地を残すことで、自分たちの暮らしに合わせて建築後に間取りを変化させ続けることができる「育つ家」が生まれました。このコンセプトを評価いただき、育つ家は、2007-2008年度グッドデザイン賞(商品住宅部門)を受賞しています。

▼もっとモノをつくる楽しさを
 そして、育つ家をつくる中で、もっと身近なところでも皆さまと「ものをつくる」「ものを育てる」ことの楽しさを共有したいと考えるようになりました。そこから、小屋づくりのDIY講習を中心とした、住まいの学校である「SUBACO」を新たに立ち上げました。最終的には、お客様が自分で小屋を作るところまでを、全6回の講座として組み込んでいます。この取組は大変反響があり、第1期生の募集には定員を大きく上回る応募がありました。
 
▼インターン生のチャレンジ
 インターン生にはこの『SUBACO』プロジェクトに参画し、事務局・プロモーションを担当します。潜在顧客へ魅力を伝え、新規の顧客を創造・開拓。そして参画する様々な職種の方々をより一層巻き込んでいくチャレンジをしていただきます。既にアーキ・クラフトでは、2014年夏に第1期目、2015年春に第2期目のインターンの受入実績あり。今回募集するのは、それに続くチャレンジをアーキ・クラフトと一緒に行っていただける、インターン第3期生。半年間で、家づくり・ものづくりの魅力を伝え、発信する、そんなインターンシップに参加する学生を募集しています!

期待する成果 ・育つ家&SUBACOのプロモーションを手掛け、受注の獲得
・事務局に参画し、様々な職種の方々とのコラボの促進
仕事内容

「自分らしい」暮らしを育てる住まいの学校『SUBACO』プロジェクトにチャレンジ

【STEP1 (1ヶ月~2ヶ月)】
 社長・担当社員とともにプロジェクトミーティングに参加や現場研修を通じて、工務店の仕事や住宅商品の基礎的な知識、そして今回のプロジェクトの核となる住宅商品の「そだついえ。」のメリットや強み・特徴などをきちんと理解する。ヒアリングシートを設計。何を聞き出すのか、逆にその場で何を伝えるのかを整理していく。

【STEP2 (3ヶ月~5ヶ月)】
 担当社員とともに、Web発信やセミナー開催などのプロモーション業務を担当していく。単に指示されたまま動くのではなく、期間中にインターン生が主となってイベントも企画・運営をする(過去にはインターン生が「モデルハウスでペットの猫の撮影会」など企画・運営)。
また、「SUBACO」に参画している様々な職種の方々への取材を実施。想いを共有していくことで、工務店だけでなく大きな理念とともに地域のなかでWin-Winを創っていくスキームを創りあげていく。
 
【STEP3 (6ヶ月)】
 SUBACOの第2期目の募集スタートに向けて、プロジェクト組織体制の構築をサポート。より一層の様々な職種の方々のコラボを促進した内容まで詰めていく。
得られる経験 ・商品を理解し魅力をどう伝えるのか、実践的なプロモーションをする経験
・様々な社会人・企業と取り組みながらコミュニケーションをする経験
・住宅という人生に関わるモノの重みを学び、お客様とともに素晴らしさを共有する経験
事前課題 詳しくはコーディネーターにお問い合わせください。
期間 2017年2月~2017年7月末(原則この期間のうち約6ヵ月間 ※時期は応相談 ※学業日程に配慮します!)
勤務条件 【学期中】週2,3日(学業のスケジュールと調整)
【休暇中】週4,5日
※コーディネート機関が紹介する格安の宿泊施設あります。
※休学して遠方からの参加希望の方もお気軽にご相談ください♪
勤務地 奈良県大和郡山市井戸野町124-1
(JR奈良駅から約30分。JR大阪駅・JR京都駅から約1時間30分)
活動支援金 あり
経営者からのメッセージ

インターン生に期待する想い

 インターン生(研修生)であることから、特別なスキル・ノウハウ・経験は求めていません。しかしながら、任された担当業務を「コツコツこなす姿勢」。そして、受身ではなく自ら何かできることはないかとすぐ動く「能動的な姿勢」。また、知らないことは知らないと言え、貪欲に知識やノウハウを吸収しようとする「素直な姿勢」のあるインターン生と一緒に挑戦したいと考えています。これは初めて受け入れをしたときからの想いですが、数年経って今回3期目を受け入れるにあたっても、この想いは変わらず抱いています。
 建築科などに在籍している学生であれば多少は家づくりの知識があるかもしれませんが、そういう学生であってもなくても、半年間で成果を残していく人材・パートナーとして、仕事を教え、ともにプロジェクトを進めていきたいと思っています。それはアーキ・クラフト社内だけのことではなく、建設業以外の多くの外部の業界・業者の方々が事業に参画するという、この「そだついえ。」・「subaco」プロジェクト自体の特徴にも通じるところがあります。
 チーム構築や信頼構築のためにも、上記のような姿勢を常にできる、または目指しているインターン生を求めています。ともにチャレンジをしてみましょう!エントリーお待ちしています。

代表取締役/倉原 猛

[PROFILE]
1972年2月13日生まれ。1992年に大阪工業技術専門学校を卒業。8年間の設計事務所勤務を経て、株式会社クラハラへ。2004年に自ら出資し別法人として「有限会社アーキ・クラフト」を創業。代表取締役を務める。

団体情報

WB工法など、厳選した工法で安全と機能性を持たせ、デザイン性の高い住宅を提供

有限会社アーキ・クラフト

■商号 有限会社アーキ・クラフト

■代表 代表取締役 倉原 猛

■所在地 奈良県大和郡山市井戸野町124-1

■問合せ先
[お客さま用フリーダイヤル] 0120-217-211
Tel. 0743-83-0290
Fax. 0743-52-5008

■建設業許可番号 奈良県知事 許可(般-21)第14663号

■(財)住宅保証機構業者登録番号 21018431

■主要取引先
パナソニック電工株式会社
株式会社花田材木店
株式会社LIXIL 他
 
■奈良県承認経営革新計画企業中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画認定企業
(平成18年8月18日付)
※奈良県ホームページ内の経営革新計画承認企業一覧をご覧ください。

■グループ会社 株式会社クラハラ

■事業内容:
WB工法を採用し、社内設計士や外部建築家とともに、デザイン性の高い、安全・安心住宅を作っています。
■設立:2004年
■代表者:倉原 猛
■従業員数:9名
■資本金:300万円
■WEB:http://www.arc-craft.com

受入先一覧に戻る