Goldman Sachs Gives 中小企業経営革新プログラム

トップ  >  募集プロジェクト  >  株式会社アイローカル(三陸石鹸工房KURIYA)
閉じる
絞込検索

宮城県

募集終了

地域活性

マーケティング/広報

長期

学生

初心者OK

2017.01.13掲載

三陸を中心とした地域素材を活かした「手づくりアロマ石鹸」を地方から全国へ! WEBコミュニケーション活用による石けん工房&女川ファン育成プロジェクト

株式会社アイローカル(三陸石鹸工房KURIYA)

WEBを通じて「三陸石鹸工房」と「女川町」の魅力を発信!!私たちと一緒に「地域のブランディング」に取り組んでみませんか

創業以来多くのファンに愛される女川町発の「手づくりアロマ石鹸」。
今回のWEBマーケティングプロジェクトは単に売上アップを目指すだけでなく、私たちが大事にする「手づくりによる丁寧な製品づくり」「地域素材に込められたストーリー」を広く伝えることによる顧客ロイヤリティの向上です。

▲「キューブ」をイメージした石鹸。素材・品質だけでなくデザインにもこだわっています。

▲2016年12月女川町駅前にオープンした新店舗はブランドイメージを創るコンセプトショップ

募集要項

【私たちの作る手づくり石鹸とその特徴とは】
手づくりアロマ石鹸の製造・販売。石鹸手作りワークショップの実施。※詳細は事業内容をご覧ください
地方に拠点を置くメリットを活かしたクラフト型ものづくりのビジネスモデルを目指しています。
弊社のビジネスモデルの強みとしては、
■素材によって地域性が出せる
弊社のメイン商品であるハンドメイドアロマ石けんは地元産のワカメ、シルク、ハチミツといった食品としても使われる天然素材を練りこんでバリエーションを出しています。特に三陸地方は第一次産業が盛んな地域であるため使用できる素材も多く、この地方に拠点があることによって競合他社との差別化が可能となっています。
また無農薬栽培などの生産者のこだわりもストーリーとして販売促進に活かせると考えています。
■小ロット対応可能
自社工房で小ロットでの製造が可能なため、現在も行っている特注品の製造販売を拡大することができます。様々な業態の企業とのコラボレーションにより、例えばホテルのアメニティ・小売のノベルティなどの展開が可能性もあります。
また個人のお客様相手として、結婚式の引き出物や記念品などに対応することもでき、様々なお客様のニーズに合わせてきめ細やかなサービスを行うことができるのです。
■地域との連携による相乗効果
石鹸づくりワークショップのような体験型観光のオプションは、女川町への来訪を促進するコンテンツとしても貢献しています。
最近では女川町が観光の目玉として積極的な情報発信などでサポートしてくれることで、直営店舗への来訪・物販の売上増につながっており、結果として地域とWin-Winの関係が生まれているのです。

【私たちがこのプロジェクトに取り組む理由】
■WEBでの売上拡大・リピート率UP
私たちは地方に拠点を置く製造小売業ですが、ターゲットとしているお客様は全国に散らばっています。その中でも私たちは都市部等に直営店を構える販売戦略をとるのではなく、WEB=ECを有効に使い売上比率を上げていく戦略を選択しました。
今回のプロジェクトを通して広告費用をかけるのではなく、口コミを中心とした新規顧客獲得、商品力とブランドストーリーを伝えリピーターを増やす方向性を探っていきたいと考えています。
■新店舗のコンセプトショップ化と女川町への貢献
一方で女川に拠点を置く企業として地元女川町への貢献、特に外部からの来訪客を呼び込む施策も重要であると考えています。駅前商店街にオープンした新店舗はコンセプトショップとしてブランド全体の世界観を表現。お客様にはこのブランドと商品、さらに女川という街を発信し、「女川に行きたい!!」と思わせる仕掛けづくりも一緒に取り組んでいきたいです。

期待する成果 【テーマ】
WEBコミュニケーションツール(Facebook, Instagram, Twitter、メルマガ等)を最大活用しお客様との関係性を深める、「三陸石鹸工房」のブランド成長とともに拠点とする女川町への貢献を同時に達成する。
【ゴール】
「三陸石鹸工房」のブランドの特徴・伝えたい価値を明確にした上で、誰に、どういった内容を、どのタイミングに、どの媒体で発信すれば最も効果的かを検証できている。そして、そのノウハウがマニュアル等により社内に共有されており、業務が属人的ではない状態になっている。

そのための施策として以下を考えています。
■ブランドページ(WEBページ)のブラッシュアップ
ブランドの世界観を表現し、商品だけでなくその背景にあるストーリーが伝わるページデザインとメッセージ発信によって顧客を引き付ける。
■購入しやすいWEBサイト構築
ブランドページからWEBサイトに誘導した後の、購入に至るまでの仕掛けづくり。会員登録のしやすさや、商品の探しやすさから商品説明の明瞭さ、参考にするカスタマーレビューの存在、ワンクリック購入など顧客が買い物しやすいWEBサイトを作り、コンバージョン率を高める。
■リピート購入促進・優良顧客育成施策
新商品の投入やキャンペーン、買い回り促進施策をどのタイミングでどういった内容で伝えていくのか、テストマーケティングを行いながら検証していく。具体的にはメルマガやSNSでの発信内容のテストマーケティングやWEBサイト内でのTOPページや特集ページの作りこみを行う。
■WEBからリアルへの誘導
石鹸工房ファンになってもらった顧客にいかにして実際に女川町のコンセプトショップへ来てもらうかを考える。
店舗限定商品や独自キャンペーン、手づくりワークショップ、工房見学ツアーなどのコンテンツを使って女川町へ足を運んでもらい街の魅力に気づいてもらえるよう、WEBでの情報発信+αの施策で実現させる。
仕事内容

私たち石鹸工房の魅力を知っていただき、あわせて女川町の魅力も知ってほしい

【STEP1(1カ月目)】
・事業内容・女川の地域の特性を理解する
私たちのビジネスモデルを理解するために商品の製造から販売までを一通り体験していただきます。顧客に伝えるべき価値、情報を把握してもらうことが目的です。具体的には原料調達、石けんの製造、店頭での接客業務等です。
また女川町に一定期間滞在(出来れば長期休暇を利用し1か月間)し、女川町の魅力も肌で感じてほしいと思っています。

【STEP2(2カ月〜3カ月目)】
・WEBコミュニケーション知識の習得・他社研究
書籍やセミナー参加による知識習得、他社のWEBコミュニケーション施策の研究を行います(会員登録・メルマガ登録などで他社の施策を参考するなど)
・三陸石鹸工房の顧客分析とニーズの把握
直営店やWEBサイトでの購買履歴から購買層・売れ筋・隠れたニーズを把握し、伝えるべき情報を絞り込みます。

【STEP3(4カ月〜6カ月)】
・WEBコミュニケーション戦略提案・実行・検証
3ヵ月で得た知識と経験を融合させ、石けん工房ブランドにとって最適なWEBコミュニケーション施策を企画し実行に移してください。具体的には、新規顧客獲得→リピーターへの転換→優良顧客育成→ロイヤルカスタマーへ
というそれぞれのフェーズで発信する情報量や内容が異なるはずなので、それらを一つずつ仮設立て検証していく作業をお願いします。
・ノウハウの共有
上記の作業で得たノウハウを社内に共有し継続発展できるような社内ツールを作成します。マニュアルや過去の情報発信内容のデータベース化までできたら最高です。
得られる経験 ・モノづくりに必要な「こだわり」と「戦略」を体感できる
・商品の素材として使われる「モノ」とそこに携わる「人」のストーリーに触れることができる
・特にWEBマーケティングについての専門知識を得ることができる
・都会では経験することのできない地域に根付いたビジネスの在り方、地域の人々と関わりながら事業を進めていくことの楽しさを実感できる
事前課題 自分のお気に入りのブランド(化粧品に限らず服、音楽、食品なんでも)のメルマガに登録してみる。発信される内容を読み込み、ブランドの伝えたいものは何か、どんな部分に共感するか、表現をこう変えたらもっと良くなる、など分析を深めてみる。
期間 2017年4月~9月(半年間)
勤務条件 【学期中】週2~3日(20時間以上)
【休暇中】週5日(40時間以上)
※「お試し移住プログラム」を利用して町所有のシェアハウスでの滞在が可能です。
※学期中の勤務形態(在宅勤務等)については応相談
勤務地 宮城県牡鹿郡女川町/2016年12月、女川駅前商店街「シーパルピア」にオープンしたばかりの新店舗です。
活動支援金 あり(担当コーディネーターにご確認ください)
経営者からのメッセージ

安心とあたたかみを、ともに感じる関係性を

三陸石鹸工房は津波のダメージを受けた町で出来る事、
特産の海の幸、山の幸を活かして出来る事を模索して行く中で生まれました。

仮設住宅で暮らすお母さん達が石鹸作りを通して、楽しい時間を過ごすのを見て、
そのあたたかみや、確かな材料で創る事の安心感を感じたのが石鹸に事業を絞ったきっかけでした。

その時の幸せな時間をより多くの人に届けたい、
創る人も、買う人も、送られた人も、一緒に幸せな気持ちを分かち合っていく関係を作って行きたい。

いまは、スキンケアの原料や製法に疑問を持つ方も大勢いらっしゃいます。
そんな方に、原料も製法も見せる正直な製品を届けて行きたいと考えています。

代表取締役/厨 勝義(クリヤ カツヨシ)

[PROFILE]
福岡県久留米市出身、エンジニア、海外放浪、企画営業などを経験。趣味はランニングであったが最近滞がち。

スタッフ/インターンのメッセージ

河村 翔(カワムラ ショウ)

今回のプロジェクトは、これまで女川・仙台を中心に商品の販売を行ってきた私たち三陸石鹸工房が、全国に向けて商品の価値やストーリーを発信していくまさに事業の転換期です。WEBコミュニケーションを通してより多くのお客様に共感いただき、私たちの商品を手に取っていただきたい。最終的にはブランド、またその背景にある女川町のファンになっていただきたい。そのためにはこれまでにはない新たな視点やアイディアが必要です。斬新な発想と情熱で一緒にプロジェクトに取り組んでくれるインターンの方をお待ちしています!!

担当スタッフから一言

新店舗オープンにあわせ満を持して取り組むWEBマーケティングプロジェクトは石鹸工房にとっての新規事業。
インターン生の柔軟な発想や視点がおおいに活かされるお仕事です!

▶事前に調べよう
コスメ分野などまずは自分で興味のあるWEBサイトに実際登録してみてください。
登録先からどんなメルマガや発信があるのか体験してみてください。

団体情報

「安心とあたたかみを届け、幸せな気持ちをつなぐ」という想いのもとに

株式会社アイローカル(三陸石鹸工房KURIYA)

東日本大震災後に南三陸町に移住した代表の厨が、ボランティアコーディネーター・創業支援コーディネーターを経て2013年に創業したのが私たち株式会社アイローカルです。
震災後の被災地復興に携わる中で、地方の活性化・人口流出阻止のために必要な若者の雇用に焦点が当てられていないことに気づき、若者がいきいきと働けるビジネスモデルを構築するべく創業。 漁業・水産加工業が盛んな三陸地方で、既存にはないビジネスかつ地方のメリットを活かせる商材としてハンドメイド石けんを選択し2014年6月に法人化しました。

私たちが理念に込めた想いとは
東日本大震災を契機に、私たちは本当に必要なもの・良いものは何か、ということを改めて考えさせられました。何でも手に入るこの時代に、逆に手に入りにくいもの、それは自然の恵み・人の温もりなのかもしれません。私たちは、お客様に対して誠実に、人の手を使って作ることのできるシンプルで上質な商品を提供していきたい、と考えています。

■事業内容:
■地元素材を活用したハンドメイドアロマ石けんの製造・販売。
現在は「三陸石鹸工房KURIYA」というブランド名称で「香りを楽しむアロマ石鹸」をコンセプトとして訴求し、プレゼントやお土産物としての需要がある
・直接販売:
 女川町シーパルピアの工房兼直営店舗にて販売
・卸売り販売:
 町内物産店や東京ソラマチ商店街・仙台駅前エスパル・パルコ2などに展開しているセレクトショップへの卸売り販売
・企業など法人向けの販売
 企業の周年パーティーやセレモニーの記念品・手みやげ品として五十~数百セットの単位で受注し特注品として製造・販売
■石けん手づくり体験ワークショップ開催
直営店、女川町内の多目的スペースを会場として手づくり石けんのワークショップを開催。町外からの観光客、修学旅行客を取り込むことに成功している。また石巻、南三陸町などの近隣、仙台ロフトなどへ出張してワークショップ開催の機会も増加している。
■設立:2013/6/1
■代表者:代表取締役 厨 勝義(クリヤ カツヨシ)
■従業員数:3名
■資本金:500万円
■売上高:807万円(平成28年度)
■WEB:https://www.facebook.com/minamisanrikusekken/

受入先一覧に戻る