地域イノベーター留学

トップ  >  受入先のご紹介  >  受入先(社会人)  >  「四国の右下」若者創生協議会(徳島県南部総合県民局 経営企画部)

社会人プロジェクトアイコン

徳島県

募集中

2016.06.27

ジビエ温泉旅館を地域と都市のヒトがつながるプラットフォームに変える!点在する地域の魅力と達人をつないで温泉旅館をREブランディング!

「四国の右下」若者創生協議会(徳島県南部総合県民局 経営企画部)(徳島県・那賀町(木沢地区))

フィールドワーク日程

・フィールドワーク1:09/23(金)~25(日)
・フィールドワーク2:11/18(金)~20(日)

地域の課題・受入の背景

▼地域紹介▼
那賀町は徳島県南部に位置し、約95%を森林が占めています。木沢地区(旧木沢村)はかつては林業の村として栄えていましたが、林業の衰退とともに、昭和35年には約2,600人、合併前には約900人の人口が現在は約400人と、徳島県の中でも最も人口減少と高齢化が進んでいます。
一方、大自然や貴重な野生動植物を抱え、清流がつくる大釜の滝、大轟の滝など大小100以上の滝があり、秋には紅葉と一体となり優れた景勝地として知られています。また日本最長を誇る、剣山スーパー林道があることでも知られており、夏には多くのオフロードライダーで賑わいます。

▼地域の課題▼
限界集落、少子高齢化、小学校の閉校、一次産業(農林業)の衰退、後継者問題、空き家問題、獣害問題など日本中多くの地区が抱える、すべての課題を抱える地区です。そんな状況で、加速的に地域が衰退していく事に寂しさを感じながらも、この地区が好きで住み続けている人々がいます。山間部で生活する上での多くの知恵、伝統料理、地域の興味深い歴史等、後生に伝承すべき技術や知識が途絶える危機にあります。

最大の課題は、人材(マンパワー)不足です。
(1)食・自然・温泉など、人を呼び込むために魅力的な地域資源は数多くありますが、
 それらを活用する人材が不足しています。
(2)日常生活に必要な人材。例えば、大工、左官、電気工事等、地域で生活していくために
 必要な職業の方が高齢化のため少なくなっています。
(3)地区事業雇用者が高齢化し、近い将来、新たな雇用者を確保する必要がありますが、見込みが立たない状況です。 

【企業紹介】
本プログラムでは各地、課題解決に取り組む中小企業1社が挙げられております。
5か月を通じてチームと共に、その企業への課題解決・経営革新に向けた提案を練り上げます。
地域の特色ある、そして熱意あるイチオシの企業となっております。
是非チェックしてください。

============
四季美谷温泉は木沢地区の観光の核となる温泉付き宿泊施設です。地域では唯一の憩い場でもあり、数少ない雇用の場です。数年前よりジビエ料理を料理の目玉として本格的に提供しています。また、四季折々の自然を楽しみに訪れる人には無くてはならない施設です。料理長は木沢地区のことを熟知し、ジビエ料理から次の一手を模索しています。また、若手林業家集団、「ドローン」を活用して地域おこしを行う地域おこし協力隊員など、新しい力が集まる四季美谷温泉は地域課題と地域住民を巻きこみながら今までとは違った方向性を模索しています。

しかし、従業員の高齢化と人材不足が深刻であり、従業員のマンネリ化、都会では当たり前になっているITを扱う人材や戦略が不足しています。またウリにしているジビエ料理は、野生鹿の確保にバラツキがあり加工品の大量生産は難しい状況です。今後は、何を中心に四季美谷温泉を発展させていくか、そのために地域内に点として存在するヒトやモノをどのように結びつけていくかが課題です。

参加者に特にすすめたいその地域にしかないイチオシのポイント

・人口減少が著しく進む中で日本の地域が抱える「課題」をすべて一度に体感することができる
・厳しい地域の中で地域を守るために奮闘する様々な人たちの取り組みを体感できる
・観光地化していないからこそ掘り起こせる新たな資源や可能性をイチから発見していく楽しさ

イノベーター生に期待すること

四季美谷温泉は、宿泊、入浴、飲食(ジビエ料理等)の3つを経営の柱としています。この山深い地にある温泉をこれからも地域住民の憩いの場として残すためには、どの部分に人員とコストを集中させていくか,または、他にも収入源を発掘できるのか、四季美谷温泉に欠けているモノは何かを、一緒に考えていただきたいと思います。
また、温泉と地域を盛り上げることができる、地域に点在したキーパーソンとなりうる「ヒト」と「モノ」を掘り起こし、「カタチ」にし、どのように、都市部へPRしていくかのアイディアを出してください。

参加者へのメッセージ

地域の方は当たり前に過ごす中で、地域の魅力を見落としがちです。
是非ソトからみた「キレイ」とか「スゴイ」の声を地域住民とともに「カタチ」にしてください。
また、地域の課題や魅力の掘り起こしをする中で木沢の営みに触れてみて下さい。
ココには人に必要とされ、お互いを支え合う暮らし、文化があります。
僕がそうであったように、貴方だけにしか出来ない素敵な出逢いがきっとあるハズです。

東京までの交通手段

主な交通手段 トータルの所要時間 必要金額
東京→阿南駅(飛行機(東京-徳島)→鉄道(徳島-阿南)) 3時間 片道1.5~3万円程度 ※時期によります。
東京→阿南市(高速夜行バス) 8時間 片道 6千円から1万2千円

受入先一覧に戻る