地域イノベーター留学

トップ  >  お知らせ  >  2014地域イノベーター留学・社会人版スタート!

2014年09月10日お知らせ

2014地域イノベーター留学・社会人版スタート!

2014地域イノベーター留学・社会人版スタート!

7月にプログラムが始動してから、早くも折り返し地点に来ました。
前半のご様子をご報告させていただきます。

 

~オリエンテーション~

7月26日(土)、ついに地域イノベーター留学・社会人版がキックオフしました。
全8地域のイノベーター生が集まり、初の顔合わせの場。
チームによって様々な雰囲気の中、それぞれの思いを、自分の言葉で伝えあう様子がうかがえました。
地域に対する思いも、興味を持ったきっかけも、生まれ育った環境も異なるイノベーター生たちが、
一緒に「地域」に寄り添い、関わることで、どのような化学反応が生まれるのでしょうか?
とても今後が楽しみな、3ヵ月間にわたる短期実践プログラムの始まりとなりました。

また、地域イノベーター留学にリニューアルし、今回は一部を学生版の参加者と合同で行いました。
学生と社会人、それぞれの目線で、それぞれだからこそできることを考え、
それが融合された時、地域の可能性は一層広がる。まさにその瞬間がこの時間にあったように思います。

オリエン~第1回フィールドワーク~

8月末、イノベーター生たちが各地域を訪れました。
地域の魅力を探し、感じ、考える3日間。
ただの旅行では終わらせない、地域をじっくり考えるフィールドワークでは、
イノベーター生それぞれに思いを持って、ひとと関わります。

地域によって、魅力も課題もひとも十人十色。
その地域をじっくりと見つめて、オリジナリティを考えていきます。
地域との出会いを通して、「この地域のために、何かしたい。」
というお言葉が複数のイノベーター生たちから聞かれました。
「地域に興味がある」から「地域が好き」になったとき、
計り知れないパワーが発揮されるように思います。
今後は、その思いで困難な局面を乗り切っていくのではないでしょうか。南相馬

O

 

~第1回講義&ワークショップ~

フィールドワークで地域に魅了されてから少し時間が経ち、
客観的な視点で振り返りを行いました。
まずは、地域に行って感じたことを共有し、
そこから自分たちの捉えた地域の課題のあるべき姿について話し合い、
自分たちの出来る地域への提案について話し合いました。

「地域のひとが地元を誇れるまちにしたい」
「訪れるひとが第2の故郷と思えるまちにしたい」と、
“よそ者”だからこそ見えること、感じることをみつめていきます。
「私たちの想いのこもった、血の通った提案ができたらいいなあ」
地元の方々の喜び、真の地域の魅力に寄り添って、地域について考えていきます。

WS1

 

今後は、さらに話し合いを深めて、2回目のフィールドワークに向けて準備をしていきます。
そして、再び地域へ赴き、自分たちの考えたことを地域に提案してきます。
10月末の最終報告会に向けて、仲間と助け合いながら頑張っていきます!

 

みなかみダム

お知らせ一覧に戻る